FAQ

カーテンレールがあれば誰でも出来ますが、採寸の知識が必要です。新たにカーテンレールの購入もある場合は専門店にご相談ください。

多くのオーダーカーテンは選ぶ生地によって値段がまちまちでした。 弊社のワンプライスカーテンはどれを選んでも同じ価格。サイズが分かれば即お見積できます。 品質やデザイン、機能を厳選したカーテンを取り揃えておりますので、自由に値段を気にせずお選び出来ます。

UVカットは紫外線(UV)をカットするので日焼けや劣化防ぎます。遮熱は赤外線をカットするのでの熱を遮ります。カットする光のタイプが違います。

現在では、UVカット+赤外線カット(サラクール)、遮熱+断熱(エコリエ)などの 特殊繊維を使用したカーテンがラインアップされています。冬暖かく、夏涼しく年間を通した省エネ効果に加え、 プライバシーに優れた遮像(ウェーブロン)、防炎品など安全性を備えた多機能型カーテンが人気です。

抗菌+防汚れ+消臭(空気触媒TioTio)、抗菌+防汚れ+消臭(光触媒シャインアップ)などの 特殊繊維を使用したカーテンがラインアップされています。 色々な特殊繊維を組み合わせた安全性評価の高い『日本アトピー協会推奨品』のカーテンも発売されています。

リネンとはフラックスと呼ばれる植物の茎を原料とした天然素材の繊維です。 科学繊維に比べ、静電気が起きにくい為ほこりなどの吸着が少ない、有害物質を含まない安全な素材として注目されています。 また、廃棄しても自然界に戻せるので環境にも優しい素材です。

基本はドライクリーニングですが、防縮加工で水洗い可能になります。家庭での洗濯は脱水は軽めに、 半乾きの状態でアイロンがけをすれば収縮率は1~2%に抑えられます。防縮加工はご注文時にご指定ください。

透けて丸見えになることはありません。厚手の織り目の詰まりがあるものであれば問題ありません。程よく光が漏れる天然繊維のリネンは化学繊維には無い魅力のひとつです。 例外として、職業柄日中睡眠をとる方は、天然素材の中でもデニムのカーテンは遮光性があるので適しています。

一般的に生活環境が変わるのは5年と言われています。障子や襖のように簡単に張替ができるのが壁紙です。 張替時期というよりは模様替えの時期として考えてみてはいかがでしょうか。

可能です。施工法がいくつかございますのでお問合せください。

一般的な壁紙は塩ビ素材のビニール壁紙です。汚れが落とせたりキズに強いタイプなど様々です。ビニールの他に紙質や漆喰などもあります。 それぞれ長所短所がありますので、適材適所での使用をおすすめいたします。

日本で売られている壁紙は製品巾が約90cmです。専用の糊付け機械が無いと難しいです。海外の壁紙は製品巾が5~60cmですので、糊をはけ等で手付けし貼り易いサイズです。その中でも材質が不織布の物がお奨めです。

ファブリックパネルは布を四角の板に貼り、絵のように壁に掛ける装飾品です。弊社では布の代わりに壁紙を貼ったウォールパネルをオンラインショップで販売しております。

お問い合わせをいただければ、ご相談内容に合わせてご案内いたします。

カーテンや壁紙のお見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP